MAGONDOについて

北前船の里 加賀橋立

石川県加賀市橋立町は、日本の歴史と文化が息づく場所であり、特に北前船の里として知られています。
北前船とは、江戸時代から明治時代にかけて日本海を航行し、北海道から瀬戸内海までの広範なエリアで活躍した商船のことです。
これらの船は、主に米や魚、海産物、酒などの貨物を運び、地域間の交易を支えました。

かつて橋立には船主や船頭、船乗りなど北前船に関わる人々が居住しており、日本一の富豪村と呼ばれていました。
一航海が千両と言われていた北前船が生み出す富は莫大であり、人口の少ない小さな港や集落に経済的繁栄をもたらしました。
海上輸送という手段を手にした商人たちが築いた町は想像もできないほど豊かで、高い塀や敷地内に多くの土蔵を持つ豪壮な屋敷を見ると、「こんな所になぜ大きなお屋敷が」といった驚きや発見に出会うことができるでしょう。

また、橋立町には北前船の資料館があり、訪れる人々にその歴史や文化を詳しく紹介しています。
資料館では、北前船の模型や航路図、当時の交易品などが展示されており、北前船の里としての橋立町の重要性を深く理解することができます。

さらに、毎年行われる「北前船祭り」では、地元の人々や観光客が一体となり、北前船の歴史を祝います。
この祭りでは、北前船のレプリカが町内を巡るパレードや、伝統的な踊りや音楽が披露され、活気に満ちたイベントとなっています。

このように、石川県加賀市橋立町は、北前船の歴史と文化を大切にし、その魅力を未来に伝えるための活動を続けています。
北前船の里としての橋立町を訪れることで、日本の交易史や地域文化の豊かさを感じることができるでしょう。

北前船の里・加賀橋立に宿泊する

重要伝統的文化財にもなっているその町のなかの古民家をレストランと一棟貸しのコンドミニアムに改装したのが「MAGONDO」です。
歴史と文化を感じ、海と緑の薫るスローな滞在をご用意しております。

また、レストランMAGONDOは昼間はカフェ夜は BARとして営業しています。
本建物は民泊(condominium)の管理棟でもあります。

皆様に素晴らしいと思って頂けるような空間を創りあげていきます。是非お越しください。